無職でキャッシング

無職でも融資可能な消費者金融はある?

消費者金融やキャッシングローン会社でお金を借りようとする場合、必ずといっていいほど審査があります。その審査に通らない限り、お金を借りることは出来ません。そして、その借り入れ審査項目の1つに「一定の収入がある」と記述されています。つまり、一定の収入がない限り、審査には通らないシステムになっているのです。

もしも融資の申込書の職業欄に「無職」と記載して借り入れの申し込みをすると、100%の確率で審査で落とされます。なぜならば、収入がないということは毎月の支払いが滞ってしまう確率が高くなるからです。金融業者にとって一番恐れることは、貸したお金を焦げ付かせてしまうことです。収入がない無職の人にお金を貸すことは、焦げ付かせてしまう可能性が高くなります。

クレジットカードは大事にとっておく

もしもクレジットカードを保有していれば、それを使ってお金を借りることは可能です。商品枠を現金化すればいいのですが、そういった行為は大切なクレジットカードを喪失してしまうだけなので、回避すべきです。現金化を取り扱っている違法業者を儲けさせるだけのことです。「無審査でキャッシング可能」といった宣伝をしている業者は、こういったクレジットカードを利用させて設けている違法業者です。

在籍確認

仕事

どうしてもお金が必要であれば、最低でも在籍確認がとれるようにしましょう。つまり、派遣業者にでも登録をして在籍確認がとれるようにすればいいのです。もっとも最近では在籍確認を省略して、WEB完結で審査をやっている消費者金融が増えてきました。信用情報センターで登録されているデータのみの審査なので、このデータがきれいであれば審査に通るということです。

キャッシングを申し込む場合は、審査の厳しい大手は回避して、比較的審査の甘い中小の消費者金融か、それより更に甘いと評判の小規模金融会社を選びましょう。小規模の金融会社とは、名前の知られていない地方の街金のことです。スポーツ新聞の広告欄に掲載してありますが、中には非合法な金融業者(闇金)も交じっていることもありますので、注意をしてください。

貸金業登録の有無

都道府県が認可している貸金業登録をしているか否かが、一つのチェックポイントです。また、上限金利(18.0%)以内であることも重要な要素で、それ以上の金利をとっている業者は間違いなく違法業者ですので、そういった業者では絶対にキャッシングをすべきではありません。

たとえ借り入れ件数5件以上の多重債務者や、無職といった人物でも、融資が可能であっても、手を出すべきではありません。そういった違法業者は、一度支払いが遅れたりすると大変厳しい取り立てが待っています。彼らは取り立てには絶対の自信があるからこそ、そういった多重債務者でもお金を貸すのです。

最終更新日 2017.6.23

消費者金融一覧

無職での生活

当サイトの概要